FC2ブログ
商社や新電力、バイオマス燃料の輸入拡大 大型発電所が急増
2017/02/25(Sat)
日経新聞

 商社や新電力がバイオマス(生物資源)発電の燃料で使う木質チップやヤシ殻の輸入を増やす。住友商事は2019年までに輸入量を現状の5倍に拡大。新電力大手イーレックスは自社調達に乗り出す。天候で発電量が左右される太陽光発電と異なり、安定電源とされるバイオマス発電は大型発電所の建設が急増している。燃料需要拡大を見据えて調達を急ぐ。
 大型のバイオマス発電所を巡っては、政府が今年10月に電力の固定価格買い取り制度を改定、1キロワット時あたり24円から21円に引き下げる。価格引き下げ前に認可申請するバイオマス発電所が稼働ラッシュを迎える20年前後に、燃料の需要も急増するとみられている。
 住友商事はチップなどの木質燃料をカナダやベトナムから年間約20万トン輸入している。19年までに同100万トンに拡大する。製紙会社向けに高品質な木質チップを長年輸入しており、その調達網を生かして製紙向けより低品質で済む発電用チップを海外で確保する。バイオマス発電所を抱える電力会社に販売する。
 伊藤忠商事も木質燃料の輸入量を19年度までに現状の5倍となる年120万トンに引き上げる。パームヤシ殻(PKS)などを東南アジアで調達する。紙商社の国際紙パルプ商事(東京・中央)は東南アジアのPKS業者と協業し、今春からPKSの輸入販売を始める。国内の紙需要が減る中、バイオマス発電事業への参入が相次ぐ製紙会社向けに燃料を販売する。
 燃料使用量の拡大に伴い自社調達に動く新電力も出てきた。イーレックスは現在、輸入燃料のほぼ全量を商社経由で購入しているが、一部を自社調達に切り替える。PKSなどの17年度の購入量を前年度比3倍の30万トンに増やし、そのうち2割程度を自社調達にする計画だ。現地のPKS業者と提携して燃料の安定確保につなげる。
 現在のバイオマス発電は建設廃材などを燃料とする場合が多い。今後は輸入燃料を使った発電所が主力となる見通しで、大型施設の建設が相次いでいる。
 天候に左右される太陽光や風力発電は稼働率が1~3割とされる。対するバイオマス発電は8割と高い。国はバイオマス発電を安定電源として拡大すると表明。30年の総出力を原子力発電所7基分に相当する728万キロワットと、14年の3倍に引き上げる計画だ。
 王子ホールディングスと三菱製紙は共同で青森県に出力7万5千キロワットの大型発電所を建設し19年に稼働させる。太平洋セメントとイーレックスも岩手県で同規模の発電所の建設を予定している。
 現在のPKS輸入量は年70万トン程度とされるが、20年には3倍以上に膨らむとの見方がある。大手商社幹部は「燃料がうまく確保できずに計画倒れとなる発電所も出るかもしれない」と話す。
この記事のURL | その他 木材 | CM(1) | ▲ top
<<British Columbia Coastal Forest Industry Update | メイン | 1月米新築住宅販売予想届かず、市場の底堅さは示す>>
コメント
- 燃料事業部 木質ペレット関連 -
御社 燃料事業部 御中
<木質ペレット(Wood pellet)関連>

お世話になっております。

此方は韓国のソウル市に所在している
会社名 [Y&Resource Co., Ltd] と申します。
私は海外担当のKimと申します。
宜しくお願い申し上げます。

弊社[Y&Resource]は、
2014年より韓国電力翼下系列の発電所と
民間中小など8箇所の発電所へ
燃料の木質ペレットを供給して来ております。
2018年は20万㌧の納品実績です。

東南アジアでの木質ペレットですが、
Qualityと信頼度としまして
  ① インドネシア
②マレーシア
③タイ
④ベトナム
として管理を行っております。

上記①②③だけで現在は年間30万㌧ベースを取っております。
5年間に渡って現地常住および往来しながら
安定圏を取っている弊社の確保量です。

弊社の強みですが、
2014年より5年間持続的に木質ペレットを
韓国電力の翼下発電所らに供給をして来ました為
品質には自信を持っております。

御社のメールアドレスを教えて頂けますと
弊社の会社案内書と3国との実際スペック成績書を送らせて頂きます。
上記4ヶ国の現地での生産工場・ヤード・船積みLoadingなどの
写真と動画の資料が載っています。

Wood pelletの事では
いつでもご連絡ください。

ご検討、ご連絡を
宜しくお願い申し上げます。

------------------------------------------
◈ Y&Resource Co., Ltd ◈ 
-foreign trade director-
    H-S・Kim 

[Head Office] 〒06037
4F, Hyesung B/L, 695-9, Shinsa-dong,
Gangnam-gu, Seoul, Korea
Tel: +82-70-7760-9995(代表)
Mobile : +82-10-3494-2218(日本語)
Fax : +82-2-6280-7476
E-mail : tetsuzin2018@daum.net
2019/03/25 16:05  | URL | Y&Resource Co., Ltd #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |